PROFILE

江頭勇哉 えがしら ゆうや

江頭勇哉

佐賀出身のシンガーソングライター。

2005年にアコースティックデュオ”音音”(ねおん)を結成。
2007年V3新人オーディション 12thで最年少で最優秀グランプリを獲得。
2013年からソロ活動を開始、同年に福岡の音楽業界各社が合同で開催する新人アーティスト発掘プロジェクト「FUKUOKA MUSIC FACTORY 2013」にてグランプリを獲得。
2014年にFUKUOKA MUSIC FACTORYから1st mini album『アンブレラ』を全国リリースする。

2016年音楽活動以外にも自身が運営するYouTubeの釣りチャンネル『1DAY1FISH 釣りばっかい』でユーチューバーとしても始動。
また同郷佐賀を活動拠点とするYouTubeチャンネル登録者数157万人(2021.1現在)を誇る大人気釣りチャンネル『釣りよかでしょう。』のテーマソング「『釣りよかでしょう。』のテーマ」を手がける。
2017年7月26日に配信リリースされた「『釣りよかでしょう。』のテーマ」は配信サイト各所のランキング上位をキープし話題に。Amazonデジタルミュージックランキングでは1位を獲得。
弾き語り動画がきっかけとなり多くのファンの間で話題となった『ぽろぽろ』を同年12月20日に配信リリース。こちらも同様に各配信チャートの上位をキープ。
2019年「日本で最も美しい村」山形県飯豊町“やっぱり、飯豊で幸せになる。”のPRソングとして、自身書き下ろしの楽曲『メモリーズ』を発表。
2020年 友人の三代目J SOUL BROTHERS 山下健二郎がプロデュースするイベント「山フェス〜山下ベースin横浜アリーナ2020〜」のテーマソング『ココロノタイヨウ』を手がけ、 2021年1月には新曲『実り』が売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディングテーマに起用されるなど、今最も今後の活躍に注目されるミュージシャンの一人である。

類いまれなるギターテクニックと全身から溢れでるパワフルな歌声で、一度聴いたら口ずさんでしまうようなメロディーが魅力の年齢不詳の32歳。現在も地元佐賀を拠点に活動中。